お役立ち情報|当サイトは、無料で全国の企業様のご紹介を行っています。

  • トップページ
  • 運営会社
【無料の企業PR広告】
お役立ち情報

デジタル化より、今後紙はいらなくなる!?なんていっていたのは今は昔。むしろ紙の使用量は増えています。主に企業活動でパソコンからプリンターに打ち出す紙の使用量たるや、手書きの時代の比ではないでしょう。プリンターは原則きれいな折れていない紙しか印刷できません。そのため新しい紙がバンバン使われます。それでも、ちょっと前までは、裏紙を印刷してたりしたものですが、いまはセキュリティの関係で裏紙使用禁止の企業も多いです。裏紙は自分のメモにしか使わなかったりして、裏紙需要も縮小傾向・・・・。紙のリサイクルも進んでいますが、いまだにリサイクルと森林資源からつくるコストは変わらず、お値段的にお得でもないのが現状です。

印刷するメリットは、パソコンなどのない環境で人に見せる時にすることもありますが、パソコンの前にいても、自身が書いた文章をいったん印刷してチェックしないと、思わぬ誤記脱字が発見できなかったり、検討作業をするにも、いったん印刷したものを並べて検討するという網羅的に見れるという点です。情報端末では、画面の大きさに限りがあり、比較しながら検討するときには、自分が見るためだけでも印刷しないと仕事になりません。

そんなこんなで紙はどんどん印刷されていきます。大昔に中国人が紙を製造してから久しいですが、今後も紙需要がなくなることはないのではないでしょうか。